Other

【収益化の登竜門】アドセンス審査合格のために改善したこと7選|2020年12月編

ぞう
ぞう
アドセンス審査に全然受からないのですが…Google様なにをどうしたらいいのでしょうか

Twitter上では連日アドセンス審査の合格ツイートがつぶやかれてるので、すぐに合格するものと思っていませんか。

かばぞうもすぐに受かると思っていました。

しかし実際はアドセンス審査合格まで5ヶ月かかり、受け取った不合格メールは26通…。

この記事ではかばぞうが実際にアドセンス合格のためにやったことをお伝えします。

アドセンス審査に複数回落ちている人は、かばぞうが試した7つのこと全てクリアしているかチェックしてみてくださいね。

こんな人の不安や悩みを解消

  • アドセンス審査に合格できない
  • ブログのどこを修正したらいいかわからない
  • アドセンス審査に複数回申請して合格した人の事例を参考にしたい

ぞう
ぞう
アドセンス審査合格は思ってるより難しいと思ってると気が楽になるよ

アドセンス審査合格時の状況

かばぞうがアドセンス審査に合格したときに試した仮説は、

  • 15記事以上
  • アフィリエイトは全て削除
  • 内部リンクの整合性に不備なし
  • 固定ページ設置4点セット完備(プロフィール、お問い合わせ、プライバシーポリシー、免責事項)

でした。

アドセンス審査合格時の具体的な状況

  • 公開記事数 → 31記事(未公開35記事)
  • PV数/日 → 10PV/日前後
  • 文字数/記事 → 平均2000文字以上
  • ジャンル指定なし
  • アフィリエイトなし(アマゾン、A8ネット含む全て)

アドセンス審査合格のためにやったこと7選

冒頭でもお伝えした通り、かばぞうは5ヶ月で26通も不合格通知メールを受け取りました。

「審査ができない状況」と言われ断られたことがほぼ90%…。

かばぞうはこの状況を審査の前段階でフィルタリングされたととらえてブログの改善を繰り返しました。

アドセンス合格のための改善かもしれませんがライティング力がつき、ブログもパワーアップしますのであきらめずに少しずつ取り組んでみてください。

※全て試したからといってアドセンス審査に100%合格することを保証するものではありません

その1:リライト

ブログの改善と聞いて真っ先に思い浮かぶものが記事のリライトではありませんか。

リライトで意識したいことは3点あります。

  1. 読者目線で記事構成と執筆ができているか
  2. 簡潔でわかりやすい文章が書けているか
  3. 無駄がないか→無駄があるなら削る

記事が古くなるにつれてリライト箇所が多くなるため、古い記事から見直すことをオススメします

リライト箇所が多いなと感じたのであれば、あなたのライティング力が上がっている証拠です。

ぞう
ぞう
ブログ開設当初の記事はかなりリライトすることになりました…

文章力でお悩みの方は、ブロガー必読の文章力を爆上げしてくれる至極の書籍3選も是非チェックしてみてください。

ぞう
ぞう
読めばブロガーがオススメしている理由がわかるよ

その2:内部リンク整理

SEO対策として内部リンクで記事と記事をつなぐことが挙げられています。

もし内部リンク先が未公開で移動したページがエラーで表示されなかったらあなたはどう思いますか。

内部リンクの整理では下書きに戻した記事の内部リンクは外しているかに注意しましょう。

読者を楽しませてあげるために水をさすようなことは極力避けることを心がけて見直しましょう。

ぞう
ぞう
読者にストレスを与えないことが大切やで

その3:記事執筆【10〜15記事以上】

10記事未満でのアドセンス審査合格も見かけます。

しかし最低10〜15記事以上でアドセンス審査に合格している方が多いです。

記事執筆=ライティング力アップ!、ですのでブログも改善しつつ記事の執筆は継続しましょう。

ライティング力の向上はリライトにも影響するので一石二鳥です。

ぞう
ぞう
週に記事執筆1〜2件、リライト2件を目標に作業していたよ

その4:アフィリエイト削除

AMAZONのアフィリエイトがあってもアドセンス合格したという方もいらっしゃいます。

しかし一向にアドセンス審査に合格しなかったため、「広告を全てはずす」or「広告が貼ってある記事を全て下書きに戻す」対応をして申請しました。

全記事のアフィリエイトを確認して対応する作業は非常にめんどくさいです。

そのためアドセンス審査に合格するまではアフィリエイトを記事に貼らずに執筆することをオススメします。

その5:固定ページ作成【4点】

固定ページの作成は一番最初に全て行いました。

おそらくみなさんもこの4点は最初に作成しているでしょう。

  1. プロフィール
  2. お問い合わせ
  3. プライバシーポリシー
  4. 免責事項

中でもプロフィールページでは意識したことがあります。

  • どんな人が筆者か
  • どんな経歴を持っているか
  • どんなことに興味があるのか
  • どんな記事を発信予定なのか

これらを念頭においてほかのブロガーさんを参考に、何度もリライトしました。

プライバシーポリシーと免責事項は1ページにまとめてもアドセンス審査に合格しています。

その6:公開ジャンルの限定【効果は微妙】

かばぞうの雑記ブログでも「英語」や「資産運用」に絞って記事を公開し、アドセンス審査を申請したこともありました。

しかし結果は不合格

雑記ブログでも「オリジナリティ」と「記事のクオリティ」を高めることが重要であることが判明しました。

執筆とリライトの継続で文章力の向上がアドセンス合格の鍵となります。

ぞう
ぞう
読者が見やすいようにジャンルの置き方は改善したよ

その7:下書きに戻す【公開数は15記事以上】

リライトが追いつかなかったり、広告が貼ってある記事を下書きに戻すことは最終奥義です。

かばぞうは下書きに戻した記事に基準を設けました。

  • アフィリエイトを貼っている記事
  • 再読して読書のためになっていなさそうな記事

同時に15記事以上は公開される状態をアドセンス再申請の最低ラインとして再申請しました。

ぞう
ぞう
最終奥義の名の通り、やることがなくなった時に試してみてください

まとめ|あきらめなければ受かる

アドセンス審査合格のためにやったこと7選はいかがでしたか。

Googleが審査基準を明確に公開していないため、仮説と検証を繰り返すことが唯一の手段です。

しかしアドセンス審査合格までの道のりは間違いなくあなたのライティングスキルを高めてくれます

あきらめずに考え、改善した努力は必ず近い将来報われます。

一つの参考事例としてみなさんのアドセンス審査合格の助けと、ブログの改善につながれば嬉しいです。

それでは、See you next time〜!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA