Recommend

実機レビュー!ブラウン・ハンドブレンダー マルチクイック7(MQ738)を使ってみた

Hi guys〜!ぞう(@hippophant)です。

料理好き
たぬき

スムージーや離乳食、日々の時短料理に役立つキッチン家電がほしい!

そんな人にオススメなのが、ブラウンのハンドブレンダー マルチクイック7!!

一度は「ブラウン」という社名を聞いたことがあるのではないでしょうか?

ブラウンといえばメンズの髭剃りが有名ですが、ハンドブレンダー業界でもクオリティの高い製品を世に送り出し続けています。

ブラウンのハンドブレンダーはドイツ生まれで、品質よし、デザインよし、機能よしと三拍子そろってるのが特徴です。

ハンドブレンダーは調理の時短に効果的で、料理の幅も広げてくれるとても優秀なキッチン家電なんですよ。

今回、料理好きのかばぞうが実際に購入したのでレビューしていきます!

スムージーやスープ作り、スパイスやコーヒー豆を挽くことまでできるので、料理を楽しみたい人にオススメです!
また離乳食づくりにもハンドブレンダーは定評があるので、ママさんにもよろこんでもらえること間違いなし。

ブラウンハンドブレンダーMQ738が気になる人は、ぜひ最後までよんでいってくださいね。

この記事でわかること
ブラウン・ハンドブレンダー マルチクイック7 MQ738

  • スペック
  • 他社製品との比較
  • メリット&デメリット
  • ハンドブレンダー購入をオススメしたい人

ぞうの属性

  • 調理師(本業は建築設計)
  • Food Handler所持(カナダで食を扱える資格)
  • 料理経験15年

マルチクイック7・MQ738とは?スペックや箱の中身公開!

マルチクイック7 MQ738と他社製品を比較

ぞう

耐久性が高くて、パワフルなハンドブレンダーがほしい!
これが我が家の希望です。

かば

今回は、そんな希望を叶えるために3つの商品を比較したよ!
最終的に選んだのが、今回紹介するブラウンMQ738

スクロールできる表ブラウン
MQ738
ブルーノ
マルチスティックブレンダー
クイジナート
HB-502BKJ


参考:ブラウン公式HP


参考:ブルーノ公式HP


参考:クイジナート公式HP
消費電力400W200W400W
回転数ブレンダー:約13,800回転/分
チョッパー:約3,400回転/分
ホイッパー:約1,100回転/分
スパイスグラインダー:約13,600回転/分
ブレンダー:約15,500回転/分
チョッパー:約2,800回転/分
ホイッパー:約1,200回転/分
ブレンダー:約12,500回転/分
チョッパー:約1,750回転/分
ホイッパー:約850回転/分
コード長1.2m1.5m1.5m
重さ890g
本体+ブレンダー
約570g
本体+ブレンダー
約900g
本体+ブレンダー
スピード調整スマートスピードなしなし
刃の素材ステンレスステンレスステンレス
アタッチメント・「混ぜる」ブレンダー
(耐熱性100℃)
・「刻む」チョッパー
・「泡立」ホイッパー
・「挽く」スパイスグラインダー
・「混ぜる」ブレンダー
・「刻む」チョッパー
・「泡立」ホイッパー
・「混ぜる」ブレンダー
・「刻む」チョッパー
・「泡立」ホイッパー
連続使用
可能時間
ブレンダー:60秒
チョッパー:120秒
ホイッパー:180秒
スパイスグラインダー:20秒
180秒ブレンダー:60秒
チョッパー:60秒
ホイッパー:300秒
付属品・専用軽量カップ
・専用スパチュラ
・チョッパーボトル
・ブレンダーカップ
・クリーニングブラシ
・調理カップ
・クリーニングブラシ
商品サイト商品を確認(公式サイト)商品を確認(Amazon)商品を確認(Amazon)

我が家がブラウン・ハンドブレンダーマルチクイック7を購入する決め手になったポイントは3つです。

  1. パワフル
  2. 実機の耐久性
  3. アタッチメントが豊富
    (スパイスグラインダーもほしかった)

機能面も耐久性も非常に優秀なので「安物買いの銭失い」にならなくて済みます

ぞう

スパイスグラインダーが標準装備されてるのはブラウンのMQ738だけ!

かば

ブルーノとクイジナートのハンドブレンダーは、実機を触ってみたけど耐久性に不安があったのでやめました。

マルチクイック7 MQ738、開封開封の儀

マルチクイックMQ738の箱の中に入ってたもの

  1. 本体
  2. ブレンダー
  3. チョッパー
  4. ホイッパー
  5. スパイスグラインダー
  6. 専用軽量カップ
  7. 専用スパチュラ
  8. 取扱説明書
  9. レシピ集
ぞう

予想以上にデカイ箱がきておどろいた!

マルチクイック7 MQ738のココがよかった5つのポイント!

ブラウン・ハンドブレンダーのマルチクイック7をつかいはじめてから、「特にココはよかった!」と感じてるポイントを5つ紹介します。

ココが良かったマルチクイックMQ738
5つのポイント

  1. 簡単にスピード調節可能!握るだけ
  2. パワフルでも飛び散らない
  3. 耐久性が高いステンレス製
  4. カンタンお手入れ
  5. においが残りにくい

メリット①握る強さを変えるだけ!かんたんスピード調節

料理によっては荒くつぶしたり、逆に細かく滑らかにしたかったりしますよね。

マルチクイック7はボタンを押しこむ強さを変えるだけでスピードを調節できるんです。

あなたのさじ加減で食材コントロールも自由自在!

それもたったボタン1つで実現するなんて、なんということでしょう、画期的。

多くのハンドブレンダーにはスピード調節機能はついてないんですけど、想像以上に便利です。

ユーザーの要望にも予想の斜め上をいく機能で応えてくれるブラウンさん、さすがっす。

ぞう

感覚的に使えるから、チョー使いやすい!
イチオシポイント!

メリット②パワフルでも飛び散らない

ブラウン・マルチクイック7は400Wで13800回転/分と強力なパワーです。

ホントに飛び散らないか、使ってみるまでめっちゃくちゃ心配でした。

でもですよ、ぜんっぜん、飛び散りません

ブラウンのハンドブレンダーは「スプラッシュコントロールテクノロジー」という「飛び散り抑制技術(←ただ訳しただけ)」で顧客満足度を高めています。

細かい気配りがうれしいですよね。

ぞう

一番売れてるハンドブレンダーなのも納得

メリット③高耐久性のステンレス製

料理好き
たぬき

耐久性はどうなの?
熱い料理に使ったりしても大丈夫?

スープや離乳食をつくるとき、特に熱さに対する耐久性に不安がありますよね。

マルチクイック7のブレンダーはステンレス製で100℃までの耐熱性があるのでへっちゃらです。

具材を煮込んでハンドブレンダーを鍋に差し、スイッチを入れるだけ。

ほかにもステンレスにはこんな点↓で鉄やアルミよりも優れてます。

  • 熱に強い
  • 防錆性が高い
  • 汚れがつきにくい

せっかく買ったのにすぐにダメになってしまった・・・こんな心配とはオサラバ。

安心して迎え入れることができます。

ぞう

耐久性が高いのも人気の秘密!
高耐久性の商品は長持ちするので、結果的に家計にもやさしいよ

メリット④カンタンお手入れ可能

お手入れが必要だと、ハンドブレンダーを使うことに抵抗を感じますよね。

マルチクイック7はお手入れもカンタン!

各アタッチメントを画像のように細かく分解もできて、水洗いできます
本体の水洗いはNG

調理後の洗い物は大変なので、時間がない人にとってはメリットが大きいですよね!

さらに一部の部品は食洗機もつかえるのでお手入れがとても簡単。

食洗機OKのパーツ

  • ブレンダー
  • チョッパー(ボウル&刃)
  • ホイッパー(金属部分のみ)
  • スパイスグラインダー
  • 専用軽量カップ
ぞう

よく冷凍ベリーと豆乳のプロテインスムージーを作るのですが、サッと水洗いするだけで済んでます。
いそがしい人にも、ズボラな人にもうれしい高メンテナンス性!

ちなみに、かばぞう愛用中の洗剤は環境にも優しいフロッシュです。

ザクロの香りが一番よかったのでリピ買い中。

メリット⑤においが残りにくい

マルチクイック7のブレンダー&刃物類、スパイスグラインダーはにおいも残りづらいステンレス性

特にスパイスグラインダーはコーヒーやスパイスなど、においが強い食材を扱うことが多いので気になる人も多いです。

でも、においの心配は不要なので安心してください。

使用後にサッと水洗いするだけで、におい残りは防げるので気にせずガンガン使いましょう!

ぞう

コーヒーとスパイスを交互に使っても全然においがのこらない!
サイコー!

マルチクイック7 MQ738の4つのデメリット

デメリット①パワフルすぎる

「えっ、パワフルなのはメリットじゃないの」と思ったあなた、半分正解半分不正解です。

「パワフルすぎて荒めにつぶすところが、細かくしてしまった」、こんなことが慣れないうちに起きます。

実際にぞうもコーヒー豆を細かく引きすぎてしまいました・・・

ぞう

コーヒー豆を挽く時、ハンドブレンダーを一番慎重につかってる

デメリット②収納に場所を取る

マルチクイック7のボディと各アタッチメントは、ミキサーに比べるとコンパクトです。

しかし1箇所に集めて収納するとなるとそれなりにスペースが必要。

念のため収納スペースを確認しておくほうがいいですよ。

ぞう

届いた箱が意外とデカくてビビった。
どのパーツも高さがないので、スキマに収納できるよ。

デメリット③コンセントが近くに必要

パワフルかつコンパクトなボディをですが、電源が必要。

キッチンにコンセントがないと、ハンドブレンダーを使うには少々不便です。
とはいえ、キッチン内にコンセントがない家は珍しいので、他の器具と併用しない限りは問題ありません。

念のため、ハンドブレンダーを買う前にキッチンにあるコンセントの位置を確認しときましょう。

ぞう

我が家のキッチンには、絶妙な悪い位置にコンセントがありますが使ってるうちに慣れました。
キッチンに電源があるだけありがたいです。

デメリット④刃が鋭すぎる

マルチクイックの刃はとっても鋭いので、なんでも簡単に傷つけてしまいます。

水洗いができるとはいえ刃物なので慎重に洗わないと、手をすぐに切ってしまうので注意が必要です。

ほかの物も誤ってハンドブレンダーに近づけないようにもしましょう。

ぞう

調理するには鋭い刃がついてるのはうれしいよね!

マルチクイック7 MQ738はこんな人にオススメ

実際に使ってみてこんな人にブラウンのハンドブレンダー マルチクイック7がオススメできます。

  1. 料理が好きな人
  2. 離乳食をつくる人
  3. 調理の時短をしたい人
  4. 料理のバリエーションを増やしたい人

オススメな人①料理が好きな人

ハンドブレンダーのつぶしたり、まぜる機能は他の道具で代えがききません。

ブレンダーならそのまま鍋に突っ込んで、スイッチ押すだけ。

このカンタン操作はかなり魅力的ですよ!

ハンドブレンダーが1台あるだけで料理のレパートリーが大幅に広がります。

料理好きなら持っておきたい1台。

かば

この子が我が家に来てから料理のバリエーションが増えた!
プロテインスムージーとか、スープとか、気になってた料理も作れるようになってうれしい!

>>プロテインの美味しい飲み方|料理好きの砂糖なし簡単アレンジレシピ

オススメな人②離乳食をつくる人

お子さんを持つ人から、ハンドブレンダーは絶大の支持を得ています!

カンタンかつ手軽に離乳食をつくれるからです。

食材をやわらかくしたら、あとはブレンダーで混ぜるだけ。

これ一台でお母さんの労力が圧倒的に減って楽になりますよ。

世の夫は感謝のハンドブレンダープレゼントをプレゼントするのが正解!

ぞう

友人も離乳食をつくるのが格段に楽になったと言ってた。
離乳食が終わる日までこのハンドブレンダーが長持ちしてくれるのを密かに願ってる。

オススメな人③調理時間を節約したい人

共働きや子育て中の忙しい人にとって、調理時間が節約ができるキッチン家電への投資価値はめちゃくちゃ高いです。

ハンドブレンダーを使えば野菜のみじん切りや野菜ヌードル、スムージーなどがボタン1つで作れます。

ハンバーグだって肉と野菜をチョッパーに具材を入れて、スイッチを回すだけであっという間にタネが完成。

自炊したいけど、時間も節約したいなら導入価値高いですよ。

ぞう

ハンドブレンダーのおかげで、スープや野菜みじん切りなどの時間が減った!
めっちゃ楽。

ハンドブレンダーをオススメできない人

逆にハンドブレンダーは、日頃料理をしない人にはオススメできません。

お蔵入りになってしまい、もったいないので買わない方がいいでしょう。

かば

一人暮らしで家も狭いし、自分のためだけの料理をしてた時には必要な家電には入らなかったかな。

まとめ|料理を楽しむなら手元に置いておきたい

実機レビュー!ブラウン・ハンドブレンダーのマルチクイック7(MQ738)を使ってみた、はいかがでしたか。

家で実際に使ってみると、46カ国で売れ筋ハンドブレンダーである理由がわかりました。

かばぞうも「もっと早く買えばよかったね」、なんて話すほどなので、迷ってるあなたには貴重な時間を逃してほしくはありません。

買わない理由はない!とは思うものの最後に決めるのはあなた。

料理体験を豊かにしてくれるので、値段以上の価値がありますよ!

みなさんのクッキングライフ向上のお役に立ったらうれしいです。

それでは、See you next time〜!

5つのメリット

  1. 握る強さを変えるだけ!
    かんたんスピード調節
  2. パワフルでも飛び散らない
  3. 耐久性が高いステンレス製
  4. カンタンお手入れ可能
  5. においが残りにくい

4つのデメリット

  1. パワフルすぎる
  2. 収納に場所を取る
  3. コンセントが近くに必要
  4. 刃が鋭すぎる

ブラウンハンドブレンダー MQ738がオススメな人

  1. 料理が好きな人
  2. 離乳食をつくる人
  3. 調理時間を節約したい人
AQUA fridge
【レビュー】AQUAの冷蔵庫AQR-36Jを使ってみた 今回の引越しを機に新調した冷蔵庫。 散々迷った末、AQUAの冷蔵庫AQR-36Jを選びました。 結論から言いますと...
sharp RE-SS10X
【レビュー】シャープのオーブンレンジRE-SS10Xを使ってみた Hi there! 引っ越しから2ヶ月が経った頃、重い腰を上げてついにオーブンレンジを買いました。 かばぞうが購入したのは...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA