Other

【コスパ最強の保険】火災保険の選び方とオススメ4選〜賃貸住宅編〜

Hi guys〜!

火災保険はリスクとリターンのバランスがとても良くてコスパのいい保険ということをご存知でしょうか。

ぞう
ぞう
火災保険って火災のときだけでしょ

大半の人が火災保険は名前が名前だけに火災の時しか使えないと錯覚しています。

しかし火災保険は万能保険で、火災の時だけでなくこんな場面でも使えるんですよ。

  • 風水害
  • 水漏れ
  • 借りている部屋の修理
  • 損害賠償などなど

いい火災保険に入ると固定費を抑えながら十分な安心が手に入ります。

引越しを機に賃貸住宅用の火災保険を調べつくしたぞうが火災保険の選び方を徹底的に教えるので最後までお付き合いください。

この記事が役に立つのはこんな人

  • これから火災保険に加入する人
  • 火災保険の更新が近い人
  • 年間4000円以上の火災保険に加入中の人

ぞう
ぞう
ぼくが加入中の火災保険も最後に紹介してるよ

火災保険のコスパがいい3つの理由

火災保険への加入を強くおすすめする理由を詳しく見ていきましょう。

理由は大きく3つあります。

  1. 自己防衛
  2. 保険料が安い
  3. 火災以外での保険適用範囲が広い

では、3つの理由をもう少し深掘りして解説しますね。

理由その1:火災に対して自己防衛が必要

火災に対して自己防衛する必要があります。

他人の落ち度でこちらが被害を受けた場合、損害賠償を請求しますよね?

しかし火災の場合は失火責任法により出火元へ損害賠償が請求できないことになっています。

民法第709条にもはっきりとこう明記されています。

「故意または過失によって他人の権利を侵害したる者はこれによって生じたる損害を賠償する責めに任ず」

失火責任法では民放第709条の適用をしないと条文に書かれてます。

「民法第709条 (損害賠償請求)の規定は失火の場合にはこれを適用せず。但し失火者に重大なる過失ありたるときはこの限りにあらず

失火責任法

消防白書によると、平成30年の火災1件あたりの損害額は223万円ほどです。

年間4000円もあれば補償のいい火災保険に入ることができますので、保険としての意味が十分ありますね。

理由その2:火災保険料は安い

みなさん火災保険にいくら払っていますか。

年間4000円以上払っている方は契約内容を見直してみてください。

世帯規模と家財の量にもよりますが4000円あれば十分割りのいい火災保険への加入が可能です。

ぞう
ぞう
いま契約中の火災保険は年間3000円切ってるよ

理由その3:火災保険の適用範囲が広い

「火災保険は火災にしか適用できない」と思っていませんか?

火災保険は火災以外にこんな場合に適用されます。

  • 水災
  • 水濡れ
  • 借家人賠償
  • 修理費用
  • 個人賠償など

どうですか?思ってた以上に適用範囲が広くありませんか?

火災保険の適用範囲はとても広く、「割りのいい保険」である理由です

適用範囲が広いのですが検討すべきポイントは多くありません

火災保険選びでどこに注意すべきか順番に説明していきますね。

火災保険選びのポイント7選

火災保険を選ぶときに検討すべきポイントを解説していきます。

賃貸住宅では建物自身と共用部分は大家さんの管理すべき範囲です。

借主(あなた)は自分の借りている部屋持ち物(家財)のことだけを考えたら問題ありません。

火災保険選びのポイントその1:火災、落雷、破裂、爆発

火災・落雷・破裂・爆発で家財が焼失した時に支払われ、大体セットでどのプランも標準装備されてます。

風災や雹災、雪災なども対象。

火災保険選びのポイントその2:水災

台風や大雨などで床上まで浸水し、家財が損傷した時に支払われます。

水災の影響がない2階以上の部屋を借りる場合は不要です。

火災保険選びのポイントその3:借家人賠償責任

大家さんから損害賠償された場合に支払われます。

具体的には借りている部屋使用している共用部分に対して責任を負う場合のことを指します。

例えば2階建てで、各階2部屋ずつの建物を全焼させる火災を発生させてしまった場合、自分の部屋と共用部分のみに対してが借り手の負うべき責任範囲です。

平均すると保険金が1000万円から2000万円あれば十分まかなえます。

火災保険選びのポイントその4:水濡れ

水濡れは給水管の漏水や上階からの水漏れで自分の家財が損壊した時に、家財に対して使えます。

逆に水濡れを発生させて被害を与えた場合は後述する損害賠償保険の適用範囲になります。

不安な方は入っておきましょう。

ぞう
ぞう
洗濯排水をホースでお風呂に流すタイプの部屋を借りたから、水濡れ(自己防衛)と損害賠償保険の両方付けてるよ

火災保険選びのポイントその5:修理費用

借り手以外の過失によって部屋の一部が損壊した場合などの緊急修理時に支払われます。

例えば空き巣(第3者)被害で鍵を破損された場合は自分ではどうしようもないですし、修理をしないと住むには難しいですよね。

自分ではどうしようもない何かのせいで修理しなくてはならなくなった場合に保険がおります。

相場は100万円から300万円です。

保険料も一年で100円前後くらいしか変わらないので、心配ならつけておきましょう。

火災保険選びのポイントその6:不測かつ突発的な事故

お子さんがいる家族に超オススメの特約です。

こんな時にも保険がおります。

  • お子さんが壁に落書きした
  • 障子に指で穴を空けた

いかにもあり得そうですよね。

火災保険で一番使用頻度が高い項目になるかもしれません。

免責金額を支払う必要がある保険もあるので注意が必要です。

火災保険選びのポイントその7:個人賠償補償

個人賠償保険は火災保険の特約としてつけることができます。

生活一般に対して損害賠償責任を負う場合に使えるため付けておいた方がいいでしょう。

例えばこんな時に保険金がおります。

  • 自転車乗車中の事故
  • 漏水をして下階に損害を与えた場合
  • 何かをベランダから落としてしまって通行人に怪我をさせた場合

個人賠償保険の金額は過去の判例から1億円前後が目安です。

自動車保険などほかの保険で既に加入済の方は、火災保険の特約料金と比較しましょう。

特約料金が安い方の保険に付けるのがオススメです。

火災保険で加入する価値が薄い特約

火災保険は適用範囲が広すぎるゆえに、不要な特約もたくさんあります。

不必要にたくさん特約を付けて保険料を上げないよう注意してください。

多くの保険会社が提供している地震特約と類焼損害特約は不要な特約の代表例です。

地震損害特約

賃貸住宅用火災保険の対象のメインは家財です。

建物は大家さんの管理すべき範囲というのは覚えてますか。

地震が起こったとしても…

  • 自分の家具の損害額が大きくない
  • 他人の損害補償をしなくていい

上記2点より加入価値は低いです。

類焼損害特約

自分が出火元になった場合に周囲の人へ補償を行う特約です。

失火責任法により火災は自己防衛しなければならないことはお伝えしました。

感の鋭いあなたは「火災は自己防衛では?」と疑問がわいたのではないでしょうか。

保険屋さんの言い分では「出火元の人が周囲の被害を与えた住人に補償することで住みづらさを軽減する」のが目的らしいです。

しかし賃貸住宅に住んでたら引っ越せばいいので加入する価値は低いです。

賃貸につかえるオススメ火災保険4選

検討する時に必要な項目がわかったら次はどんな保険会社がいいのか気になりますよね。

それではたくさんの会社を1社ずつ吟味していってくださいねー…

なんてことは言わないので下記の火災保険でまず検討してみてください。

オススメ火災保険として選んだ理由は3つあります。

  1. 保険料が年間5000円以下
  2. 不要な特約が少ない
  3. 必要最低限の補償が入っている

保険選びは時間かかるし疲れるのでサクッと検討して休んでください。

ぞう
ぞう
0から保険の勉強するのは本当に疲れたよ…

オススメ火災保険その1:全労済「住まいる共済」

全労済の「住まいる共済」は必要な補償が入っています。

「不測かつ突発的な事故」への補償がないのでお子さんがいる方は加入する時に注意が必要です。

家財の補償額は300万円〜、個人賠償責任保険は3億円〜しか選択できないのでオーバースペックな人もいるかもしれませんね。

オプションを減らすと年間保険料を約1500円まで抑えれます

とにかく安い火災保険を契約したい方にオススメです。

火災保険の家財対象額300万円〜
水災あり
借家人賠償責任500〜4000万円
水濡れ補償あり
修理費用あり
不測かつ突発的な事故なし
個人賠償責任3億円〜
保険料目安年間約4000円
この保険を選ぶポイントとにかく保険料を安くしたい方向け
URL全労済:住まいる共済
※保険料目安は必要な特約を付けてバランスをよくした場合の金額です
(家財:300万、借家人賠償:1000万円、個人賠償責任:3億円)

オススメ火災保険その2:損保ジャパン「家財の保険」

損保ジャパンの火災保険で一番の特徴は選択の幅が広いことです。

項目と金額を細かく設定できます。

また5年一括払いにした場合は年間火災保険料を約13%安くできます

途中で解約しても、残っている月の支払済保険料は返金されますので長期一括払いがオススメです。

かばぞうはこの保険に加入しました。

火災保険の家財対象額100万円〜
水災あり
借家人賠償責任1000万円〜
水濡れ補償あり
修理費用100〜300万円
不測かつ突発的な事故あり
個人賠償責任1000万円〜
保険料目安年間約3000円
この保険を選ぶポイント個別に保険内容を調整したい方向け
URL損保ジャパン:家財の保険
※保険料目安は必要な特約を付けてバランスをよくした場合の金額です
(家財:100万、借家人賠償:1000万円、個人賠償責任:1億円)

オススメ火災保険その3:チューリッヒ保険「ミニケア保険」

チューリッヒのミニケア賃貸保険は火災保険に必要な最低限の補償がされています。

月換算では一ヶ月300円と格安のコスパがいい保険です。

バランスがいい保険を探しているけど保険選びに時間を割きたくない人にオススメです。

水災補償がないので1階に住む人はこの保険への加入を避けましょう。

火災保険の家財対象額100万円〜
水災なし
借家人賠償責任1000万円〜
水濡れ補償あり
修理費用100万円
不測かつ突発的な事故なし
個人賠償責任1000万円〜
保険料目安年間3610円〜
この保険を選ぶポイント保険を選ぶ時間がない人
バランスの取れた保険に入りたい人向け
URLチューリッヒ保険:ミニケア保険

オススメ火災保険その4:日新火災「お部屋を借りるときの保険」

日新火災の「お部屋を借りるときの保険」はチューリッヒのミニケア保険と似てます。

保険補償内容はミニケア保険よりも手厚いです。

バランスがいい保険を探しているけど、ミニケア保険の補償では物足りない方にオススメです。

水災補償がないので2階以上に住む人は検討の余地があります。

水濡れ補償もないので注意してください。

火災保険の家財対象額100万円〜
水災なし
借家人賠償責任2000万円〜
水濡れ補償なし
修理費用300万円
不測かつ突発的な事故なし
個人賠償責任1億円〜
保険料目安年間4000円〜
この保険を選ぶポイント保険を選ぶのがめんどくさいけど
バランスの取れた保険に入りたい人向け
URL日新火災:お部屋を借りるときの保険

オススメ火災保険番外編:楽天「リビングアシスト」

元々この保険を契約するつもりでした。

楽天リビングアシストは保険内容が充実していて、SPU+1倍の条件を満たし、さらに安いといいことずくめだったんです。

しかし決めた物件の築年数が古く、適用範囲外になってしまったんで諦めました。

2020年7月に新規募集を停止し、募集再開は未定みたいです。

今は保険の内容すら見れません。

火災保険の検討をする時に募集再開していたら是非候補に入れてください。

参考:かばぞうが契約した火災保険

保険会社損保ジャパン:家財の保険
火災保険の家財対象額100万円
水災あり
借家人賠償責任1000万円
水濡れ補償あり
修理費用100万円
不測かつ突発的な事故あり(免責1万円)
個人賠償責任1億円
保険料¥13,430(5年一括払)
¥2,686/年
この保険を選んだポイント個別で特約の選択と金額を設定できた
不要な特約はすべて外すことができた

ぞう
ぞう
保険料は年々上がってるらしいから長期加入がオススメ

まとめ|火災保険はコスパ最強

火災保険のコスパの良さと、選び方を理解していただけましたか。

正しい知識を身につけると少しずつ生活を豊かにできます。

ぞう
ぞう
固定費削減できたら浮いたお金で美味しいご飯でも食べてね

最後に今回の火災保険についてのお話を簡単にまとめておきますね。

火災保険がコスパの良い保険である理由

  • リスクとリターンのバランスがとてもいい
  • 補償内容に対して、保険料が安い
  • 適用範囲が広い

火災保険を選ぶポイント

  • 火災、落雷、破裂、爆発
  • 水災
  • 借家人賠償
  • 水濡れ
  • 修理費用
  • 不測かつ突発的な事故
  • 個人賠償補償

※地震と類焼損害の特約は加入価値が低い

おすすめ火災保険4選+番外編

とにかく安い火災保険を契約したい全労済「住まいる共済」
個人に合わせた保険の内容にしたい損保ジャパン「家財の保険」
バランスのいい保険を教えてチューリッヒ保険「ミニケア保険」
ミニケア保険じゃ物足りないけど、
バランスも重視したい方
日新火災「お部屋を借りるときの保険」
募集再開したら候補に追加楽天「リビングアシスト」

みなさんの火災保険選びの参考になったら嬉しいです。

それでは、See you next time〜!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA