Other

あなたはどっちを目指す?ミニマリストとシンプリストはこう違う

Hi guys〜!

暑さもマシになって過ごしやすくなってきましたね。

季節の変わり目は衣替えなどで不要なモノが目立ってくるので、断捨離をする人も多いのではないでしょうか?

断捨離を始めるとよく目につくのがミニマリストの記事。

ミニマリストのブログは不要なモノをリストアップする時にはとても役に立ちますよね。

でも内心こう思ったことありませんか、「物を減らしたいけどミニマリストにはなれない。。。」

そんなあなたにはミニマリストと「シンプリスト」の比較をオススメします

ミニマリストとシンプリストの違いを知るメリットはこちら。

  • どんな生活があなたにとっての幸せかがわかる
  • ミニマリストほど物を捨てれないあなた自身を肯定できる
  • 自分らしい物との距離感を知れる

シンプリストはミニマリストがとても流行ったため影を潜めてますが、幸せに生きるためのいい参考になりますよ。

ミニマリストとシンプリストの違いを比べることであなたが自分らしさを見つけるための参考になったら嬉しいです。

ミニマリストとシンプリストの定義

ミニマリストの定義ー最低限生活を極める人

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。
自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。
「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。

Wikipediaより引用

つまりはミニマリスト=最低限の物しかない生活を楽しむ人です。

断捨離をはじめてモノが無い暮らしに興味を持ったら目指してみてもいいかもしれません。

シンプリストの定義ーシンプルライフを極める人

シンプリストの定義は足るを知った生活をしている人です。

ミニマリストとの大きな違いは物を減らすことでなく、生活をシンプルにすることに焦点をあてているということ。

つまりはシンプリスト=現状に満足した自分らしい生活を送る人をさします。

かばぞうが目指しているのはシンプリストです。

ミニマリストとシンプリストの目的

ミニマリストとシンプリストの一番大きな違いは目的です。

両者の目的を知ることであなたの目指す方向性も見えてくるでしょう。

ミニマリストの目的ーモノからの解放

ミニマリストの目的はモノからの解放されることです。

ミニマリストの特徴

  • 生活するために必要な最低限のものしか持たない
  • やるべきことに一極集中する
  • 最小限であることに居心地の良さを感じる
  • 工夫した生活が楽しい

冷蔵庫や洗濯機を処分してしまうミニマリストもいるので、彼らの生活が時には非合理に見えるかもしれません。

しかし彼らはモノがない生活を楽しんでいるんです。

さらにミニマリストは持たないことで判断する回数を減らして、自分の本当にすべきことや、したいことに集中しています。

もちろん元々モノに依存したくないので、本当に必要な物だけしか手元においてません。

効率的に物を持ちたい人はミニマリストの持ち物は参考になりますよ。

シンプリストの目的ー自分らしさの追求

一方でシンプリストの目的は自分らしさの追求です。

シンプリストの特徴

  • 物はお気に入りだけ
  • 自分に合う物を知っている
  • 管理できる以上の物は持たない
  • 家事を楽しむ

シンプリストも物は少ないのですが、ミニマリストほど減らしたりはしません。

最低限かどうかではなく、自分が快適に生活できるかどうかと合理的な物の持ち方をします。

ミニマリストほど極端に持たない生活をしませんが、それでも十分少ない物でシンプルに暮らしています。

シンプルさを追求しているといってもいいでしょう。

お気に入りの逸品探しはシンプリストから学ぶことが多いです。

ミニマリストとシンプリストの相性がいい場所

ミニマリストは都市と相性がいい

ミニマリストの生活は便利なサービスによっても支えられています

スーパーやコンビニ、コインランドリーやレンタカーなど近くのお店を自分の倉庫代わりに使えるため、便利なサービスが多い都市と相性がいいです。

郊外や田舎だと買い物の回数を減らしたり、車など物を持たないと生活できない可能性があるのでミニマリストは地方との相性はいいと言えません。 

シンプリストは場所を問わない

シンプリストの目的は幸せな自分らしい生活を送ることでしたよね。

最小限まで物を減らしているかどうかは問題ではないので、シンプリストにとって住む場所よりどう住むかが重要です

自然が好きな人は田舎へ、都会が好きな人は都市へ自分の気のおもむく場所に住んでいます。

車が必要であれば車も持っています。

ミニマリストとシンプリストにとっての幸せとは?

ミニマリストにとっての幸せー時間の集中投資

ミニマリストは自分の好きなことやすべきことに集中して自分の時間を使っています。

時間は有限であることをわかってるので、自分の好きなことだけに時間を使って過ごすことが彼らにとっての一番の幸せ。

幸せの感じ方さえもミニマルにして最大化してしまうのがミニマリストのすごいところです。

最新機器を使ってモノがない生活を楽しむことも彼らの幸福につながっています。

シンプリストにとっての幸せーQOLの最大化

シンプリストにとっての幸せは現在を楽しく生きること

すなわち生活の質QOL(Quality of Life)の最大化です。

「フランス人は服を10着しか持たない」で著者は、掃除でさえ熱心に取り組んで何かを学ぶと生活が満ち足りると言っています。

シンプリストは足るを知る生活を送っている限り、全ての時間を幸せに感じることができます。

なんでも自分の幸せにつなげるマインドセットがシンプリストの特徴です。

ミニマリストとシンプリストの共通点

ミニマリストとシンプリストは目的や幸せを感じるポイントは違えど、たくさんの共通点があります。

両者とも物との距離感、時間、人間関係において自分の人生を自分で決めていることも特徴です。

ミニマリストとシンプリストの共通点
  1. モノが少ない
  2. 整理整頓がいきとどいている
  3. 流行に流されない
  4. 買い物は慎重
  5. キャリアは断捨離からスタート
  6. 一人の時間が大切
  7. 大切な人としか時間を共有しない

共通点が多いのでミニマリストとシンプリストの違いは一見してわかりにくいです。

しかし彼らの共通点は、例えるとスポーツのウォーミングアップで準備段階です。

アスリートが試合でオリジナリティーがわかるように、ミニマリストとシンプリストのよさも彼らが自分の生き方を実践するときにわかります。

ミニマリストとシンプリストの違いまとめ

ミニマリストとシンプリストは共通点も多いですが自分の生き方をする準備で、人生の楽しみ方や目的は違います。

まとめるとこんな感じです。

ミニマリスト

  • 物を持たないことがモットー
  • 物を持たない工夫した生活を楽しむ
  • 自分の好きなこととすべきことに集中して時間を使う

シンプリスト

  • 自分らしい幸せを感じれる人生を送ることが目的
  • 物との付き合い方に気をつけている
  • 日常のあらゆることから幸せを感じる工夫をする

ミニマリストとシンプリストの両者に共通しているのがモノとの付き合い方がとても上手であることです。

世の中は多様になってきているので自分にとっての「足るを知る」をぜひ考えてみてください。

ミニマリストとシンプリストの違いを紹介しましたが、一番大切なことはあなたが一番幸せに生きる道を見つけることです。

一人でも幸せになってくれたら嬉しく思います。

それでは、See you next time〜!

【体験談あり】人生を豊かにする断捨離の驚くべき3つの効果 断捨離はモノを減らす片付けの一つと思っていませんか。 実は断捨離には人生を豊かにしてくれる大きな効果があるんですよ。 生活...
だれでも簡単に断捨離ができるようになるたった3つのコツ Hi guys〜!9月になって少し涼しくなってきましたね! ところであなたは、ビジネスパーソンが探し物に咲いている時間が年間何時...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA