Other

だれでも簡単に断捨離ができるようになるたった3つのコツ

Hi guys〜!9月になって少し涼しくなってきましたね!

ところであなたは、ビジネスパーソンが探し物に咲いている時間が年間何時間かご存知ですか?

大塚商会が発表した記事によると一人あたり年間150時間も仕事中に探し物しているそうですよ!

1日8時間勤務計算で19日、1年の約1ヶ月は探し物しているなんて驚きですよね…。。。

解決策の一つは断捨離なんですが、断捨離しても全然物を捨てることができなかったり、どこから手をつけていいのかわからなかったりした経験ありませんか?

今日はそんな人のために、断捨離で50万円をメルカリから得た自称断捨離エキスパートのぞうが、誰でも簡単に断捨離できるようになるたった3つのコツを伝授します。

断捨離のコツ、その1:物があなたに与える目的を知る

物を持つことには4つの目的があります。

  1. ポジティブ感情を与えてくれる
  2. 時間をつくってくれる
  3. 収益をうんでくれる
  4. 必需品

これら4つの目的に当てはまっていない物は断捨離の対象の第一候補になります。

順番に解説していきますね。

ポジティブな感情を生み出すかどうか

ポジティブになれるお気に入りの物を捨てることはモチベーションの低下につながります。

人は幸せを感じるために物を買うので、持っているだけでポジティブな感情になれるのであればそれはあなたにとっての必需品です。

例えば、車に乗るのが楽しくて仕方がなく幸せを感じれる人に車は高いから売った方がいいと言えるでしょうか?

乗っていないならまだしも、車に乗るという幸せを奪う必要はありません。

あなたにポジティブな感情を与えてくれる物を無理に断捨離しなくていいです。

時間を作ってくれるかどうか

掃除の時間を減らしたいからロボット掃除機を買う。

調理時間を減らしたいから電子レンジを買う。

これらの場合は物が時間を生み出してくれます。

時間ができることで家族との時間や趣味の時間、副業などに時間を割くことができるのであれば物を持つ価値があると思いませんか?

あなたの時間をつくってくれる物は断捨離対象から外しましょう。

収益をあげてくれるかどうか

お金を捨てる人はいませんよね?

同じように収益をあげてくれる物や収益をあげるのに必要な物を断捨離する必要はありません。

例えば、ある本が仕事の役に立ち、何回も見返すのであれば手元に残しておく方がいいとわかるでしょう。

あなたが仕事で収益を得るのに役立つ物を断捨離するのはいい選択とは言えないので断捨離するのは後回しにするか、おいておきましょう。

必需品かどうか

ポジティブな感情も時間もお金も生み出さない物もあります。

それが必需品です。

例えば、トイレットペーパーや生理用品、下着などが真っ先に思い浮かんだ必需品です。

なかったら困りますが、あっても特に何も生みませんよね。

ポジティブな感情や時間やお金を生み出さないけど、無くては困る物についても断捨離する必要はありません。

断捨離のコツ、その2:分類別に断捨離する

物があなたの人生を満たしてくれる目的を知ったら次は、断捨離をするための戦略を練りましょう。

具体的なオススメの戦略は3ステップです。

  1. ジャンル別に分類
  2. 一つのジャンルずつ断捨離
  3. 捨てやすい分野から断捨離

いきなり取り掛かるのではなく、紙とペンで持ち物を書き出して整理するとはかどりますよ。

断捨離する前に物をジャンル別に分類する

ジャンルとしては、衣服、靴、カバン、本、小物、趣味のグッズ、キッチン用品などです。

大雑把に部屋ごと、例えば、バスルーム、キッチン、ダイニングなどに分けてもいいでしょう。

人によって物量が変わるので、あなたの持ち物の状況に合わせて決めてくださいね。

分類したジャンルごとに断捨離をする

ジャンルを分類したら、一つの分野ごとに断捨離していきます。

人間の脳はマルチタスクをすると負担を受けて、判断力も低下します。

一つの分野を終わらせて、次の分野に移りましょう。

断捨離しやすいジャンルから始める

運動する前にウォーミングアップするように、断捨離しやすいジャンルからはじめて勢いをつけましょう。

断捨離をしやすい分野は、衣服、カバン、靴、本などが手を付けやすくオススメです。

なぜなら使っていなければ不要と判断しやすいから。

逆に、思い出の品は気持ちの整理や断捨離の慣れも必要なので中盤以降に断捨離することをオススメします。

断捨離のコツ、その3:断捨離4つの判断基準を明確にする

断捨離の実行戦略を立てたら、次は判断基準を明確にしましょう。

判断基準が明確になると、判断が機械的になるので断捨離しやすくなります。

断捨離する物の判断基準はたった4つです。

  1. 旅行に持っていかなくてもいい物
  2. お金持ちになったら買わない物
  3. 長期視点で使用しなくなる物
  4. 思い出の品(上級編)

旅行に持っていかなくていい物は断捨離

もし、あなたが「それ」を旅行に持っていきたいのであれば、「それ」はあなたにとって何かしらの目的を満たしてくれる物でしょう。

しかし、あなたは「それ」を持っていかなくていい物は普段の生活でもなくていい物となるので価値を感じにくくなります。

「それ」に対して旅先で使いたいかどうか自問してみてください。

お金持ちになったら買わない物は断捨離

自分が宝くじに当たって、生涯何不自由なく暮らせるようになった時でもそばに置いておきたい物はあなたの目的を満たしてくれるでしょう。

しかし、お金持ちになったと仮定して、その時に買わない物は値段に騙されて価値判断を誤った物である可能性が高いです。

目的を満たす物でなければ断捨離しましょう。

長期視点で使用しなくなる物は断捨離

あなたはこれまでたくさんの物を人生で買ってきたはずです。

あなたのその経験を通して、自分の好きなものと好きでないものの傾向を分析してみましょう。

好きでない物は今後5年や10年の長いスパンで未来を考えた時に持っていても目的を満たしてくれる可能性は低いですし、好きな物で代用できるでしょう

ぞうはその場しのぎのために購入したような物は長期視点では不要なものになるケースが多いです。

ですので、その場しのぎであっても長い目でみた時に目的を満たしてくれる物を購入するようにしています。

もちろん、不要であれば買いません。

思い出の品は断捨離(上級者向け)

断捨離の目的は今と将来の時間に対して幸せを感じることです。

一方で、思い出の品たちは過去の遺品であるので前を向こうとしているあなたの行動を引き止めるかもしれません。

それに、楽しかったことを思い出してもその時の時間は返ってくるものでもありません。

しかし、僕たちは人間なのでたまには楽しかった時のことを思い返して気持ちを落ち着かせたい気持ちもありますよね。

思い出の品は写真を取り、データをバックアップして感謝の気持ちを十分詰め込んだら処分しましょう。

ちなみにぞうは自分の卒業アルバムを親にあげました。笑

断捨離を簡単にしてくれるオススメ本まとめ

あなたの断捨離をもっと簡単にしてくれるオススメ書籍を2冊紹介します。

人生メンタリストDaiGo著

心理学と行動心理学の視点からあなたの片付けの決断力をあげてくれます。

心理学と言われると身構えてしまいますが、簡単な文章で読みやすいため、読書が苦手なあなたにもオススメです。

合理的な著者なので最短かつ合理的な断捨離思考を知ることができます。

人生がときめく片付けの魔法 近藤真理恵著

片付けや整理整頓の考え方とお約束が書かれています。

片付けはあなたの人生を豊かにする手段に過ぎないことに気づくでしょう。

子供から大人まで理解できる読みやすい文章で書かれている手軽さがポイント高いです。

簡単に断捨離ができるようになるコツまとめ

断捨離は戦略を立てて実行することが重要です。

物があなたの生活にもたらしてくれる効果を知り、戦略に沿った手順に従い、明確にした判断基準に照らし合わせて断捨離を行うのがいいでしょう。

高いから、手に入れるのに苦労したからという理由だけで物を持つとあなたを豊かにしてくれません。

例えば、ぞうは温泉に行くのが好きなのですが、温泉地で必要な物はタオル一枚です。

なんなら湯に使っている間は何もいりません。

それでも露天風呂でボーッとなにもない時間を楽しむことに人生の豊かさを感じることができて至福の時間です。

あなたが断捨離で少しでも至福の時間を増やすことができるのであれば嬉しいです!

それでは、See you next time〜!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA