Other

【5つのポイントで解説】つみたてNISAで効果的な銘柄の選び方!

Hi guys〜!

困ってる人

投資に興味あるけどこわい。。。
満を辞して証券口座を解説したけど、銘柄の選び方わからず詰んだ・・・

今回はこの悩みにこたえます。

ぞうも投資をはじめたときは何をどう選んでわかりませんでした・・・。
(そのため何銘柄かは含み損に…秘密ですよ)

結論から言うと5つのポイントで銘柄選びがグッとかんたんになります。

またリスクを抑えた効果的な資産運用に大前進!

つみたてNISAの銘柄選び5大ポイント!

  1. 手数料
  2. 分散
  3. 純資産額
  4. 再分配型
  5. ベンチマーク

ぞう
ぞう
投資歴5年のぞうが投資初心者にオススメの銘柄選びを解説します!

つみたてNISAで失敗しない銘柄選びのコツ5選

投資でリスクをおさえた効果的な資産運用をしたいと思うのは当然ですよね。

しかしたくさんの人がギャンブルと勘違いしてます

つみたてNISAを活用して、銘柄をきちんと選べばほぼ100%資産は増えるんですよ。

この記事では最低限抑えておきたい銘柄選びのポイントを5つ紹介していきます。

と、その前に運用条件はこちら。

運用条件

  • 長期投資(15年以上が望ましい)
  • リスクをおさえた資産運用
  • 銘柄変更の予定は当分なし

短期投資やリスクをとって金持ちになりたい!といった方にも参考になる内容ですので、1度目を通してみてくださいね。

ぞう
ぞう
自分のリスク許容度や投資スタイルに合わせてアレンジしてみてね!
無駄な手数料や投資のリスクはおさえるに越したことはないよ。

つみたてNISA銘柄選びのコツその1:手数料

「手数料が高いからいいサービスが期待できる」、とおもってませんか?

それ、だまされてるかもしれもませんよ

投資の世界では手数料が安いといい銘柄に当たる確率が高くなります。

なぜなら投資する人が増えても運営コストはさほど変わらないからです。

仮に100万円投資したとして、手数料が1%なら10000円ですが、0.1%ならたった1000円です。

将来2000万円の資産に膨らんだらなんと、年間20万円も手数料を取られて利益が吹っ飛びます。

ファンドの手数料は必ずチェックて資産を守りましょう。

目安はファンドの構成によりますが、株式メインなら0.2%以下です。

つみたてNISA銘柄選びのコツその1:

  • 手数料が安い
  • 手数料は0.2%までが限度(近年の優良銘柄は0.1%前後)

ぞう
ぞう
無駄な手数料を払わずに資産を守ろう

つみたてNISA銘柄選びのコツその2:分散投資

つみたてNISAの銘柄選びで失敗しないためには分散が効いているかどうかを確認するといいです。

あなたの資産を支える柱が多いほど、柱の崩壊(例えば倒産など)であなたの資産への影響が小さくなるということ。

分散リスクを下げるために確認すべきことは3点あります。

  1. 銘柄数→多いほど分散が効いてる
  2. 国数→多いほど分散が効いてる
  3. セクター別投資比率→数値が似てるほど分散が効いてる

分散をきかせて、投資のリスクをさげましょう。

つみたてNISA銘柄選びのコツその2:

投資信託の投資先が、セクター、国、銘柄数で分散されてる

ぞう
ぞう
投資のリスクがこわい人ほど分散投資でリスクを下げると安心できるよ

つみたてNISA銘柄選びのコツその3:純資産額

次にみておきたい指標は投資信託の「純資産額」です。

純資産額が多いとどうなるか?

  • ファンドの信用が上がる
  • 銘柄の破産確率が下がる
  • 「純資産額が多い=投資者が多い」→手数料低下を期待できる

では、いくらぐらいであればGOサインが出せるでしょうか?

約30億円を損益分岐点として考えられる方が多いです。

一見良さそうなファンドでもしっかり資産が集まっているファンドであるかどうか「純資産」で確認しましょう。

つみたてNISA銘柄選びのコツその4:

純資産額が多い

ぞう
ぞう
純資産が多いと安心できる

つみたてNISA銘柄選びのコツその4:分配金が再分配型

「分配金が多いとうれしい〜」、と思う気持ちもわかります。

さらにつみたてNISAでは分配金は非課税!

とはいえ分配金の再投資で資産運用の効率化をはかる方が、リスクを下げる観点ではいいです。

そのため「再分配型」のファンドを選ぶと、自動で再投資してくれるのでめっちゃラク

分配金再分配型のファンドで資産運用効率を、ラクして高めましょう。

つみたてNISA銘柄選びのコツその4:

投資信託が再分配型の銘柄である

ぞう
ぞう
つみたてNISAは将来の年金代わりでもあるから、分配金再投資は手間が省けてとても助かる

つみたてNISA銘柄選びのコツその5:ベンチマークと乖離率

「ベンチマーク」とは、ファンドと対象インデックスの変動率に合わせることです。

???

要するに、「真似してるファンドに極力似た値動きを目指します!」、ということ。

そのためファンドとベンチマークとの乖離率ベンチマークの特徴も確認しておきましょう。

ベンチマークの特徴は、前述した分散具合(銘柄数、国数、投資セクター割合)のチェックで足ります。

例えば、かばぞうがつみたてNISAでも投資しているファンド「eMAXIS Slim オールカントリー」のベンチマークは、「iシェアーズ MSCI ACWI ETF」です。

この2つの値動きや投資対象、投資割合などは限りなく近くなります。

もしファンドとベンチマークの乖離率が高ければ、なにに投資してるのかわからなくなり迷子です。

迷子のファンドに投資するのは、信用できませんよね・・・。

忘れずにベンチマーク先とファンドとの乖離率も確認しておきましょう。

つみたてNISA銘柄選びのコツその5:

ベンチマークが優秀、かつファンドとの乖離率が低い

まとめ|正しい選択でリスクは下げられる

つみたてNISAで失敗しない銘柄選び方はいかがでしたか。

リスクを下げるためにむずかしいことはなにもありません。

5つのポイントに気を配るだけで銘柄選択の目が養えます。

証券会社のページで早速比較してみたくありませんか。

ムスカ大佐のように自然と自分にあった銘柄とそうでない銘柄がわかりますよ。

画像引用:金曜ロードSHOW!公式Twitter

「読める!読めるぞぉ!」となるお力添えになればうれしいです。

それでは、See you next time〜!

【つみたてNISAにおすすめ】楽天証券の魅力を5つのポイントで解説!(かばぞうも愛用中) Hi guys〜! 投資に関して、こんなことでつまづいていませんか。 投資はじめたい人 証券会社がありすぎてわからない・・...
【後悔する前に】投資初心者が意外とやりがちなNG集5選! Hi guys〜! 投資をはじめるとき、とても緊張しませんでしたか? ぞうは確定ボタンをクリックするのに5分くらいかかった...
【いまさら聞けない】知って得する株式投資のメリット・デメリット3選 投資に興味ある人 資産運用に興味あるけど「株式投資はこわいからやめとけ」って言われた。でもほんとのとこ、どうなの・・・? 今回...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA