Baking

かぼちゃの消費に!かぼちゃのチーズケーキを作ってみた

Hi there!かば@hippophant)です。

秋のおかずに欠かせないかぼちゃ。

まるまる1個を買っても、なかなか消費できない…ってこともありますよね。

そんなかぼちゃを消費したい時におすすめなのが、かぼちゃのチーズケーキです。

材料を混ぜ合わせて焼くだけなので簡単なんですが、手作りとは思えない濃厚な味を楽しめます。

かぼちゃのチーズケーキの材料

今回は、

  • 上白糖 >>> きび砂糖
  • 牛乳 >>> 豆乳
  • 小麦粉 >>> 米粉

に変更し、身体に優しい材料で作ってみました。

ビスケットは以下のレシピで手作りしたものを使用しましたが、市販のビスケットでもOKです。

シンプルがおいしい!ザクザクビスケットの作り方|間食・おやつ・クラッカー代わりにも Hi there! かば(@hippophant)です。 おやつとして食べるだけでなく、ケーキの土台などにも使えるビスケット。 ...

かぼちゃのチーズケーキのレシピ

下準備

クリームチーズを常温に戻しておく

クリームチーズは冷蔵庫から出して、常温に戻しておきます。

型に油を塗る

型の内側に油(分量外)を塗ります。

油分はバターでなくても、オリーブオイルやサラダ油でOKです。

手順1:土台を作る

まずはチーズケーキの土台部分を作ります。

1. ビスケットを砕く

ビスケットをジップロックなどの厚めのプラスチック袋に入れ、棒などを使ってビスケットを細かく砕きます。

2. バターをレンジで20秒チン

やりすぎないように、バターが8割くらい溶けるまで、10秒ごとにレンチンすると◎。

やりすぎて沸騰させないように注意です。

3. 砕いたビスケットに溶かしたバターを入れ、混ぜ合わせる

バターが行き渡るように、もみ込みます。

4. 型に敷き詰め、冷蔵庫で冷やす

スプーンやマッシャーなどを使ってビスケットを型の底に敷き詰めます。

敷き詰めたら、ラップをして冷蔵庫で冷やします。

かば
かば
チーズケーキの生地を流し込むまで冷蔵庫に入れておきましょう。

手順2:かぼちゃをレンジでチン

かぼちゃは皮をむき、小さめの角切りにします。

耐熱容器に入れて、少し水を垂らしてラップをし、レンジで4分チンします。

手順3:オーブンを170℃で予熱する

このタイミングでオーブンを予熱しておきます。

手順4:材料をブレンダーで混ぜ合わせる

チーズケーキの生地を作っていきます。

クリームチーズをゴムベラで混ぜ、なめらかにする

常温に戻したクリームチーズを、ゴムベラで練ります。

その他の材料を加え、ブレンダーで混ぜる

滑らかになったクリームチーズに、砂糖、かぼちゃ、豆乳、卵、米粉を加え、ブレンダーで混ぜ合わせます。

»ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7(MQ738)を使ってみた

かば
かば
ミキサーでもOKです。

手順5:型に流し込み、170℃のオーブンで50分焼く

天板の上に型を置き、生地を流し込みます。

焼く前はこんな感じ。180℃で50分焼きます。

焼き上がりはこんな感じ。

しっかり冷ました後、一晩冷蔵庫で寝かせてから食べるのがおすすめです。

かば
かば
焼きムラがあっても、一晩寝かせると、いい感じになります。

断面はこんな感じ。

しっとり濃厚なかぼちゃとクリームチーズのコンビネーションが最高です!

カボチャのチーズケーキは、混ぜ合わせるだけで意外と簡単!

チーズケーキは工程が多くてめんどくさいイメージがありますが、材料を混ぜ合わせるだけで簡単にできるので、かぼちゃの消費にはぴったり。

簡単なのに、味はコース料理のデザートのように濃厚で、贅沢感があるのも魅力です。

冷蔵庫にカボチャがある方は、ぜひ試してみてくださいね。

それでは、See you soon!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA