Other

固定費削減でかんたんに節約した方法5選!年間45万円削減【実践済み】

Hi guys〜!

突然ですが、こんな悩みをかかえていませんか?

悩んでる人

貯金したいけど、全然お金が貯まらない。
ほんとは旅行や投資もしてみたいのにな〜・・・

今日はこの問題を解決します。

貯金をするためには固定費の見直しから始めるのが王道。

なぜなら、安定して毎月定額を節約効果があるからです。

支出が減るとこんなメリットがありますよ。

  • 貯金ができる
  • 投資資金にまわせる
  • お金の心理的負担が減る
  • 旅行に行ったり、美味しいものが食べれる

固定費削減をしない理由が見つかりませんね。

今回はかんたん効果的高い再現性と三拍子そろった方法を5つ紹介します!

まだの人は一度検討してみてくださいね。

この記事の信頼性:かばぞう

  • アラサーDINKs
  • 年間支出約140万円(毎月約11万円)
  • エンゲル係数16%

ぞう
ぞう
ぼくたちは二人で年間なんと45万円もの節約に成功したよ!

固定費削減で節約する方法5選

固定費削減はだれでもかんたんに年間45万円もの節約が可能です。

しかし闇雲に固定費を削減して生活の質が下がり、幸福度も下がったら元も子もありません。

そこで、固定費削減で節約時の5つの鉄則に従ってます。

これはかばぞうルールと読んでおり、効果的に節約するために非常に大切にしている鉄の掟。

やぶったら1週間の間は筋トレの量が2倍になります・・・(ぞうは筋トレが大嫌い)

かばぞう固定費削減の鉄則

  1. 一度やったら効果が長期間持続
  2. かんたんにできる
  3. 再現性が高い
  4. 場所に依存しない
  5. 生活の質が落ちない

どこでも、かんたんに、だれでも、QOL(Quality of Life:生活の質)を落とさずに節約なんか・・・できるんですよ!

場所にもとらわれないから大きく価値を感じてます。

それではさっそく、固定費削減に効果的な5つの方法をみていきましょう。

ぞう
ぞう
上手な節約は固定費を下げつつ、生活の質をあげてくれるよ

固定費削減方法その1:格安SIMをつかう

固定費削減の王道は格安SIMを使うことです。

大手3キャリアは割引を最大限活用しても4928円。

一方で格安SIMは、楽天モバイルなら1GBまでなんと月額¥0です。

一人あたり年間¥59,136の固定費削減効果!

かばぞうは二人暮らしなので年間12万円も節約できました!

格安SIMは安いけど、少ないデータ容量で過ごせるか不安になる気持ちもわかります。

通信速度も気になりますよね。

安心してください。

かばぞうは二人とも格安SIM(楽天モバイル)を利用してますが、不便を感じたことありません。

むしろ大手キャリアから乗り換えてよかったと心底満足してます。(以前はソフトバンク)

ちなみにオプションは何もつけてませんし、不要です。

格安SIMにのりかえた油断で〇〇保障のようなオプションに加入しないように注意してくださいね。

格安SIMに変えるメリット

  • 年間約¥59,136の節約
  • 料金が安くなっても電波は生活に支障なし
  • Wi-fiと併用すると1GBでも十分暮らせる

>>オススメキャリアの楽天モバイルはこちら

【レビュー】楽天モバイルUN-LIMIT一年間無料キャンペーンに申し込んだ 楽天モバイルの1年間無料キャンペーン気になりませんか? 2020年7月より固定費を抑えるために楽天モバイルへLINEモバイルから...

ぞう
ぞう
ギガ死を恐れてたけど、楽天モバイルなら段階的に料金が変わるから心配不要

固定費削減方法その2:電力会社の見直し

電力会社の乗り換えも固定費削減で節約効果が高い王道の一つです。

節約したい主婦

でも、手続きが複雑なんでしょ?

いいえ、かんたんでシンプルです。

さらに電力会社の乗り換えはたった10分で終わります。

キャンペーンも豊富なので電気代+αの節約効果!

二人暮らし・共働きの場合は約¥6,000〜7,000の電気代節約が可能です。
(1ヶ月の電気代が¥10,000の場合)

※詳細は現プランと電気代による

節約効果が気になる人は、無料でできるエネチェンジの電力比較を使ってみてください。

>>【無料】エネチェンジでかんたん電力比較シミュレーション

ぞう
ぞう
今回のりかえ先のlooopでんきを5ヶ月使ったら、Amazonギフト券6,100分もらえる!
年間の電気代節約額¥6000と合わせて約¥12,000の節約に成功したよ!

かばぞうがエネチェンジで、ENEOSでんき→looopでんきへのりかえた記事はこちら

【時給3万円】エネチェンジの電力会社比較でlooopでんきにのりかえた話【所要時間10分】 Hi guys〜! 節約中主婦 電力会社ののりかえは簡単で、さらに電気代も安くなるって聞いたけど、実際どうなのかしら? ...

電力会社のりかえのメリット

  • 年間約¥6,000の節約
  • のりかえ時間はオンラインで約10分
  • キャンペーンが豊富!
    (かばぞうはENEOSでんきから¥5000looopでんきから¥6100(予定)のAmazonギフト券をゲット!)

>>【無料】1分でできる『エネチェンジ』で電力比較

固定費削減方法その3:テレビを手放す

固定費削減で効果的な3つ目の節約方法は「テレビを手放すこと」

そこでまず頭に浮かぶのがNHKの受信料ではないですか。

HNKはテレビを持っていたら強制加入で、年間契約料は¥13,650です。

もちろんテレビを手放すと、この固定費はマルっと節約になります。

またテレビの番組プログラムやCMは非常に優秀で、視聴者の購買意欲を知らない間に刺激してるんです。

だから無意識の無駄使いも減りますよ。

さらにさらに!

テレビをフリマサイトで売るとうれしい臨時収入!

テレビの処分でかかる¥1370〜2970の費用も浮くので2度美味しいです。
(参考:ヨドバシカメラ

ぞう
ぞう
テレビを捨てたら、時間も会話も増えたよ。
臨時収入もゲットしたから一石三鳥!

テレビを手放すメリット

  • 年間約¥13,650の節約(NHK受信料分)
  • 不要な買い物をしなくなる
  • フリマアプリで売るとおこづかいゲット!

手数料が安くて、飛ぶようによく売れるラクマがオススメ!
招待コード入力で100P(¥100)ゲット→『mtoEd

固定費削減方法その4:新聞を解約

『社会人なら新聞を読みなさい』とは言われるものの、新聞に大した情報がないのが本音。

それでもしぶしぶ年間¥52,800(¥4,400 x 12ヶ月)を新聞に払っていませんか。
(読売新聞の場合)

これで¥1,500の本が約35冊買えますよ。

ぞう
ぞう
読書好きなぼくはもちろん新聞より本派です

新聞1年分と35冊の本の情報量を比べると新聞のメリットは少ないです。

さらに各新聞社バイアスのため、複数社読まないと情報も偏ります。

すると年間10万円も・・・。

いますぐ解約しましょう

いまは『情報断捨離』が主流です。

必要な情報は自分で取りにいく程度の量で十分です。

参考までに主要な新聞社の料金はこちら。

月額
読売新聞¥4,400
(総合版¥3,400)
朝日新聞¥4,037
(総合版¥3,093)
毎日新聞¥4,037
(総合版¥3,093)
産経新聞¥3,034
日本経済新聞紙:¥4,900
電子版:¥4,277
紙+電子:¥5,900

新聞解約のメリット

  • 年間約¥50,000の節約
  • 読書量が増える

ぞう
ぞう
新聞読む時間を読書やブログに充てるだけで、時間も増えたように感じる不思議!
新聞を解約して、よかった・・・

固定費削減方法その5:無駄な保険の解約

固定費削減に効果的な最後の節約方法は「不要な保険の解約」です。

節約したい主婦

でも、保険を解約するとなにかあったとき困るじゃない・・・

安心してください、必要な保険はこの3つだけで十分です。

必要な保険

  • 掛け捨て生命保険(子供がいる場合)
  • 火災保険
  • 自動車保険
    (対人対物無制限、弁護士特約、ファミリーバイク特約のみ)

ポイントは「純粋な保険機能な商品だけ契約する」、です。

保険会社も国債や株式でも運用してます。

保険の契約者は間接的に中間マージンを取られてるんです。

もう投資型保険は割りが悪いのはおわかりですよね。

投資は自分でやりましょう。

投資は投資、保険は保険とわけて考えないと損害額が大きいですよ。

ということで、不要な保険はとっとと解約してしまいましょう。

かばぞうが解約した保険

  • 個人年金保険(年間¥120,000)
  • 元金保証型生命保険(年間¥84,000)
  • 入院保険(年間¥36,000)
  • 生命保険(年間¥30,000)
    (夫婦のみのため)

無駄な保険の解約で年間¥264,000もの固定費削減に成功!

とはいえ、日本は保険大国のため解約には抵抗ありますよね・・・。

「かばぞうの保険に関するよくある質問集」でしめくくります。

代表的な保険に関する「よくある質問集」

  • 医療保険で万が一に備えないとこわいですよね?
    →日本の医療保険は優秀
     結果的に払ってる保険料の方が高くつく
  • なんで生命保険は掛け捨てなの?
    →親が亡くなった時に子供を養うため
  • 学資保険で子供の将来を支えた方がいいのでは?
    →投資は投資に特化した方がリターンが大きい
  • 個人年金保険で将来に備えないと生活できなくなるのでは?
    →投資は投資に特化した方がリターンが大きい
  • 外貨建て保険でかなり得では?
    →投資は投資で・・・(以下省略)

ぞう
ぞう
解約するのはこわいけど、一度やめたら全然平気。
むしろなぜ早く解約しなかったか疑問に思うほど!

また、賃貸用火災保険についてはエキスパート並みの知識をつけたぞうが渾身の記事を過去に書いてます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【コスパ最強の保険】火災保険の選び方とオススメ4選〜賃貸住宅編〜 Hi guys〜! 火災保険はリスクとリターンのバランスがとても良くてコスパのいい保険ということをご存知でしょうか。 ...

まとめ|かんたんに年間45万円節約

固定費をかんたんに節約した方法5選はいかがでしたか。

今回紹介した5つの方法は、全て一度手続きしてしまったら長期的な節約効果が望めます。

だからこまめに電気を消したり、節水したりするより何億倍も手軽で効果的。

ちなみにかばぞうはこんなに効果がありました。

かばぞうの固定費削減効果

  1. 格安SIM:¥59136 x 2人 = ¥118,272
    >>オススメは楽天モバイル
  2. 電力会社見直し:¥6,000
    >>エネチェンジが最強
  3. テレビ売却:¥13,650
  4. 新聞解約:¥48,444
  5. 不要な保険解約:¥264,000

固定費削減で節約できた合計額¥450,366

めちゃくちゃ多いですよね・・・。

いまは二人で節約した年間45万円を、将来のためにせっせと株式へ投資してます。

自身のライフスタイルもこの機会に見直して、将来に備えてはいかがでしょうか。

節約した効果はマネーフォワードMEで管理するとわかりやすいです。

無料でかんたんに使えるので是非スマホで使ってみてください。

>>【無料アプリ】マネーフォワードMeでかしこく家計管理【iOS・Android対応】

最後に優良家計をつくるためのバイブルを1冊紹介しておきます。

この一冊を手元に置いておくだけでザクザクお金が貯まりますよ。

みなさんの家計の負担を少しでも軽くするお役に立てたらうれしいです。

それでは、See you next time〜!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA