Kitchen Tools

【レビュー】シャープのオーブンレンジRE-SS10Xを使ってみた

Hi there!かば@hippophant)です。

引っ越しから2ヶ月、重い腰を上げて、ついにオーブンレンジを買いました。

かばぞうが購入したのは、シャープのRE-SS10X

結論から言いますと、こちらのオーブンレンジは、

パン作りやお菓子作りを楽しみたいけど、できるだけ価格は抑えたい!

という方におすすめです。

この記事では、シャープのオーブンレンジRE-SS10Xを実際に使ったレビューや、購入した決め手、一緒に比較したオーブンレンジなどについてお伝えします。

手頃な価格帯のオーブンレンジを検討している方は、ぜひご覧ください。

シャープ RE-SS10Xのスペック

まずは、RE-SS10Xの概要から。

メーカーシャープ(SHARP)
型番RE-SS10X
カラーホワイト
総庫内容量31L
オーブン温度110〜250℃
発酵:30・35・40・45℃
大きさ幅490mm × 奥行445 × 高さ370mm
重さ約17kg
特徴過熱水蒸気機能(カップ式)
熱風コンベクションで焼きムラを抑える
2段調理
詳細情報シャープ公式サイト
購入時の価格31,200円(2020年8月・ネット)

RE-SS10Xのスチーム(過熱水蒸気)機能

RE-SS10Xのスチーム(過熱水蒸気)機能は、カップ式です。

写真のように庫内に水を入れたカップを置いて調理します。

RE-SS10Xにトースト機能はない

RE-SS10Xには、トースト機能がありません。

かば
かば
トースト機能がほしいという方には向いていませんのでご注意を。

シャープ RE-SS10Xを使ってみたレビュー

RE-SS10Xを実際に使ってみて、感じたことをまとめます。

かばぞうの評価がこちら。

デザイン★★★☆☆
機能★★★★★
使いやすさ★★★☆☆
価格★★★★★
大きさ★★★★☆
★★★☆☆

使ってみてよかったポイント

RE-SS10Xを使ってみて良かった点は、3つあります。

  1. 庫内が大きく、天板が2段でたくさん焼ける
  2. オーブンの予熱が速い
  3. ダイアル式が使いやすい

1. 庫内が大きく、天板が2段でたくさん焼ける

一番良かったのは、庫内が大きくて、天板2枚分を一度に焼けるところ。

ちなみに、天板の大きさは42cm x 29cmです。

かば
かば
高さのあるパンは無理ですが、小さめのパンやクッキーだと一度にたくさん焼けそうです。

2. オーブンの予熱が速い

RE-SS10Xは、オーブンの予熱がとても速いです。

180℃だと5分ほどで予熱が完了します。

3. ダイアル式が使いやすい

メニューや時間の設定はすべて右側のダイアルで行います。

感覚的でとても使いやすいです。

使ってみてイマイチだったポイント

RE-SS10Xを使ってみてイマイチだと感じたのは、以下の2点。

  1. 扉のクオリティが低い
  2. デフォルトで完了時の音が鳴らない

1. 扉のクオリティが低い

扉を閉める際、途中で手を離すと一気に閉まってしまうのが少し気になります。

勢いよく「バンッ」と閉めてしまうと故障の原因になりそうで、いつも優しく閉めるように気を使っています。

かば
かば
こういう細部は値段相応といった感じですね…。

2. デフォルトで完了時の音が鳴らない

ネットで購入したからなのかわかりませんが、デフォルトでは完了した時の音が鳴りませんでした。

もちろん設定すれば音は出るので問題ないんですが、最初音が鳴らなかったため、終わったのに気づきませんでした。

オーブンレンジを選ぶ際に重視した点

かばぞうがオーブンレンジを選ぶ際に重視した点は以下の4つです。

  1. パンを焼きたい(=発酵機能+温度250℃以上)
  2. パンを一気にいっぱい焼きたい(=庫内30リットル以上)
  3. 無駄な機能は一切不要かつシンプルなデザイン
  4. 予算:5万円以下

かばぞうがオーブンレンジを買った一番の目的は、パンを焼くことでした。

そのため、パンを焼くための機能(発酵機能・オーブンの設定温度MAX250℃以上・庫内が広い)を一番重視しました。

しかし300℃以上出せるハイクラスのオーブンは、明らかに予算オーバーなので対象外。

かば
かば
ざっくり5万円以下の製品に絞って検討しました。

シャープ RE-SS10Xと比較したオーブンレンジ

かばぞうは最終的にシャープのRE-SS10Xにしましたが、一緒に比較していたのが、

  1. シャープ RE-F18A
  2. 東芝 石窯ドーム ER-TD70

の2つです。

シャープ RE-F18A

引用:シャープ公式

【候補になった理由】

  • ボタンが少ないシンプルなデザイン
  • シンプルなのにパンの発酵機能も付いている

【選ばなかった理由】

  • 庫内が小さすぎる

シャープ RE-F18Aは、無駄を省いたシンプルなデザインが好みで、最初に興味を持ったタイプです。

かばぞうは調理機能を使わないので、扉にメニューがドバーッと書いてあるデザインが好きではありません。

その点、デザインを重視したこちらはもろ好みでした。

しかもシンプルなのにパンの発酵機能もしっかりついています。

しかし庫内の大きさが18Lと、どう考えても小さすぎたため断念。

東芝 石窯ドーム ER-TD70

引用:東芝公式

【候補になった理由】

  • 石窯ドームでしっかり温度が出る
    (MAX250℃)

【選ばなかった理由】

  • 天板が1段のみ
    (シャープのRE-SS10Xは2段)

東芝 ER-TD70は、東芝の石窯ドームシリーズの中でも価格・スペックともにシャープのRE-SS10Xとよく似たクラスのもの。

パン関連の機能もほぼ同じ、庫内の大きさも26Lと十分です。

こちらを選ばなかったのは、天板が1段だったこと。

シャープのRE-SS10Xは2段で、そちらの方が一気にたくさん焼けるので、それには敵いませんでした。

かば
かば
ちなみに、こちらのER-TD70は2019年のモデルで、2020年に新モデルER-VD70が発売されています。

シャープ RE-SS10Xを購入した決め手

かばぞうが最終的にシャープ RE-SS10Xに決めた理由は、以下の2つ。

  1. 5万円以下のオーブンレンジの中で一番庫内が大きかった
  2. パンを焼くのに必要な機能が付いていた

RE-SS10Xはこの価格帯の中では庫内が30Lと一番大きく、パン作りに必要な機能(温度、発酵機能)もしっかりついていたことが決め手になりました。

かば

1年以上使ってますが、シンプルなのに十分な機能なので重宝してます。
当分は手放したくない!

まとめ シャープのRE-SS10Xがおすすめなのはどんな人?

シャープのRE-SS10Xを実際に使ってみて、希望通りパン作りに最適かつリーズナブルなオーブンレンジだったので、めちゃくちゃ満足しています。

シャープのRE-SS10Xは、

パン作りやお菓子作りを楽しみたいけど、できるだけ価格は抑えたい!

そんなあなたに非常にオススメです!

それでは、See you soon!

エネチェンジで電気代を手軽に節約!

かばぞうがエネチェンジを推す3つの理由

  1. 無料の電力会社比較サービス
  2. かんたん11分で手続き完了
  3. 特典付きでさらにおトク

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA