Other

【1万円】一級建築士学科に独学合格!実際つかったテキスト・問題集

Hi guys〜!

テキストや参考書ってついついあれもこれも必要なんじゃないかなっておもってませんか?

例えば本屋さんに参考書を見にいったけど、「あれも必要そうやし、これも必要そうやし、よし全部買おう」、とかね。

結論からいうと、学科試験は過去問1冊と法令集、各分野1冊のテキストあれば合格可能です。

受験生A

学科試験のテキストや過去問は結局どれがコスパいいんだ!?
いいやつを教えてくれないか?
たくさんありすぎて全部できん。。。

と、ならないように、この記事では一発で一級建築士試験に合格したぞうが実際につかったテキストと過去問を紹介します。

たった数冊しかありませんので是非参考にしてみてくださいね。

ぞう
ぞう
過去問7年分、法令集、S資格の型落ちテキストと参考書2冊だけで合格したよ。
かかったコストは一万円ポッキリ

一級建築士学科試験の独学合格にテキスト・参考書・問題集は必要?

結論からいうと過去問もテキストも必須です。

ぞうの勉強方法はひたすら過去問を解く→解説を見る、でした。

しかし過去問の解説でわからない問題が出てきます。

そんな時にテキストを使って体系的な理解をするようにしてました。

ぞうの勉強方法と過去問とテキストのつかいわけ

【メイン】過去問→繰り返し解いて知識を定着させる

【サブ】テキスト(参考書)→過去問の解説でわからなかった部分の知識定着を補助

とはいえ何冊もテキストを買う必要はありません

ラクマやメルカリなどのフリマサイトでセット売りされている、資格学校の過去のテキストで十分対応できます。

ただし建築法規のテキストは毎年法令が変わるので不要です。

ぞう
ぞう
先輩からもらったH24年度のテキストをH28年度の試験対策でつかってたよ

一級建築士試験学科の独学合格者が使用したテキスト・問題集

実際にぞうが使っていたテキストと問題集を紹介します。

ぞうの武器は資格学校のテキスト5冊(各教科1冊)と過去問1冊4冊しか手元にありませんでした。

しかしぞうが厳選した少数精鋭軍団です。

その1:一級建築士試験学科過去問スーパー7 ¥3080

学科試験の必須アイテムである過去問7年分。

学科試験の主人公です。

ぞうはひたすら過去問を解いていました。

独学するなら法令集と一緒にいますぐ買いましょう。

過去問をバラして年度ごとにまとめると薄くなり使いやすくなるのでオススメです。

その2:建築関係法令集(井上書院)¥2970

通称黄色本と呼ばれていて、水面下で独学者からかなりの支持を集めてます。

二級建築士試験を受験したときに使いやすかったのでリピートしました。

厚さはS資、N建やTックの法令集より厚いですが視認性が高く、使いやすい点が気に入ってます。

ほかにもたくさんのオススメポイントがありますので気になる人は是非つかってみてください。

損をさせない自信あります。

  • インデックス付属
  • 線の引き方ガイドCD付属(5色)
  • 建築基準法と関係法令を全て網羅
  • 文字が適度に大きく読みやすい
  • 関係法令とページが書かれているため参照が容易
  • 表紙のデザインが好き(個人的主観)

その3:【中古】資格学校のテキスト ¥0

市販より広範囲をカバーしていて、解説もわかりやすいです。

市販のテキストよりも圧倒的にオススメなのが資格学校のテキスト。

幸運なことにぞうの先輩がS資格のH24年度テキストを一式譲ってくれました。(ぞうが受験したのはH28年度)

もしだれも譲ってくれてなかったらメルカリかラクマで中古を買ってたのは間違いありません。

受験4年度前のテキストでも参照するだけなら十分でしたのでフリマサイトをつかって上手にコスト削減しましょう。

古いほど安く手に入りますよ。

ラクマ招待コードでポイントゲット!
さらにお得にテキストを手に入れることができます。

ラクマ招待コード→ mtoEd (公式アプリのみ)

その4:建築法規:史上最強図解 よくわかる建築基準法 ¥1650

仕事で建築基準法をあつかうにも読みにくくて理解できなかったため受験前に購入してました。

しかし学科試験勉強中は職場から連れて帰り、自宅にて学科試験が終わるまで待機することに。

建築基準法の理解が深まったのはこの本のおかげです。

ありがたや。

建築基準法に苦しんでるあなたの強い味方ですので一度本屋で手に取ってみてください。

  • 図解が多くわかりやすい
  • 体系的な解説で理解しやすい
  • 初心者でも理解できる丁寧な説明

その5:構造力学:図解入門よくわかる構造力学の基本 ¥2200

構造力学史上最強のわかりやすさを誇ってます。

一級建築士の構造力学はこの本一冊でカンペキ!

是非使って欲しい一冊ですが、ただいま絶版の模様…。

構造力学で満点を取りたければ中古でも即買いを強くオススメします。

ぞうはこの本のおかげで構造力学は満点(6/6)とかなり稼げました。

  • 一級建築士試験の範囲を余裕でカバー
  • 公式を自分でみちびけるようになる
  • 構造力学の原理が理解できる

世界から「図解入門よくわかる構造力学の基本」が消えたなら…

とはいえ、絶版の本が手に入らない可能性もあるので書店に行って構造力学のベスト本を探しました。

もしぞうが構造力学の本を一冊選ぶならコレ!

初心者にとってもわかりやすい解説でした。

一級建築士試験の対策本なので試験に特化してポイントが凝縮されており使いやすそうです。

構造力学は稼ぎどころなので自分にあった参考書を選んで満点取りにいきましょう。

まとめ|少数精鋭でも十分合格できる

一級建築士学科に独学合格したぞうが実際つかったテキスト・問題集はいかがでしたでしょうか。

ご覧いただいた通り、ぞうが学科試験にかけたコストはたったの¥9910です。

仮に資格学校のテキストをフリマサイトで買ったとしてもプラス¥3〜4000です。

ぞうが難関と言われる一級建築士試験に一発でしかも独学合格できたのは勉強の習慣化と過去問をひたすら解いて理解を深めたからに他なりません。

みなさんもテキストコレクターにならず、勉強を習慣化して過去問をできるだけ理解することに意識を向けましょう。

コスパよく一級建築士試験の独学合格を目指している人の参考になれば幸いです。

それでは、See you next time〜!

独学で一級建築士試験一発合格するためにやったこと5選〜学科試験編〜 Hi guys〜! 独学では一級建築士試験に合格するのは難しいと思っていませんか? 資格学校の授業料は目玉が飛び出るほど高...
【建築士試験】独学一発合格スケジュールのコツ【学科試験編】 一級建築士のような難関試験では勉強する資格学校やテキスト、問題集選びなどに意識がいきませんか。 しかしスケジューリングや勉強環境...
【一級建築士試験】独学でも受かるデイリースケジュールを作るコツ【学科試験編】 あっさり学科試験に受かってる人はどんな毎日送ってるのか気になったことがありませんか。 毎日呼吸をするように勉強するルーテ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA